Let parking be.

水が高い所から低い所に流れるように。
枝葉が太陽の光を求めて伸びるように。
ICTを駆使し、車も人も淀みなく利用できる駐車場へ。
設備を提供する私たちメーカー側の都合ではなく、
駐車場の利用者や運営会社の皆さんを中心としたストレスなく、
あたり前に価値を感じられるプラットフォームの提供へ。
CREVASが駐車場の本来あるべき姿を追求したら、
自然の摂理にたどりつきました。


  1. CREVAS
  2. A branch of the natural branch that grows and extends based on a self-similar fractal.
  3. The shape of the circle produced by rotating and propagating th ebranches resembles the shape of flowers and buds. The hand that you choose to make life last will leave its mark as a result of becoming a formless beauty.

駐車場ビジネスの
常識を壊す
精算機をつくる。

キャッシュレス精算機 Fare Adjustment Machine

街に溶け込むスタイリッシュなデザインを実現。精算機としての強 度を保ちながら、メンテナンスも容易なシンプル構造。遠隔管理シ ステムCREVASとの連携により、スマートコントロールが可能。

  • paypay
  • line pay
  • amazon pay

デザインをあきらめない。

雨ざらしの屋外に立つ精算機はどうせ汚れるもの、誰も触りたくな いもの。同じ金属製のモバイル端末が愛着を持って利用される姿を 横目に、私たち駐車場機器の開発メーカーは心のどこかでデザイン にこだわることをあきらめていたのかもしれません。駐車場のある べき姿を追い求めるCREVASでは精算機のデザインも一新。街の景 色になじむシルバー、経年劣化に強いメタリック塗装を採用し、駐 車場という空間のデザインから挑戦します。

止めていたのは、
進化だった。

車止めのフラップ。もともとは、支払いをせず出庫する逃避を防ぐ設備として活躍していました。ところが、現在では逃避の数は激減。駐車場運営 会社にとってフラップは、故障して直すもの、掃除の邪魔になるものといった感覚が強くなっているのではないでしょうか。一方、メーカーにとっ てはまだまだ守りたい技術と収益源。いきなりなくなっては困る。しかし、私たちはこの思考こそ、駐車場のあるべき姿への進化を止めていると思 うのです。CREVASでは、カメラによる逃避防止策を強化し、フラップのあり方も見直します。

次世代クラウドカメラ Fare Adjustment Machine

車のナンバープレートを入庫時に瞬時に捉えテキスト化、総合プラッ トフォームCREVAS に上げることで、フラップレスだけに気になる逃 避リスクを軽減。ナンバープレートから個人を特定しオーナーへ督促 も可能な最新型カメラ車番認識システムです。

最適を求める、
航空運賃のように。

都心部で高額な料金を提示する駐車場に一台も車が止まっていない様 子を目にしたことはありませんか。一方、航空機は運賃を細かく変動 させることで、高い稼働率を誇っています。そう思うと、需要と供給 のバランスに合わせて、駐車場料金も変えられるほうが良いはずで す。そこで、私たちは料金をフレキシブルに上下させることで稼働率 を高め、収益の最大化を図る料金エンジニアリングを開発。可変料金 表示の仕組みとともに、利用者も駐車場運営会社も納得ゆくプライシ ングを支えます。

AIによる可変価格表示版 Fare Adjustment Machine

街に溶け込むスタイリッシュなデザインを実現。
精算機としての強度を保ちながら、メンテナンスも容易なシンプル構造。
遠隔管理システムCREVASとの連携により、スマートコントロールが可能。

日本発ナンバープレート
リアルタイム認証
Fare Adjustment Machine

最新のAI解析技術を取り入れた
次世代型LPR(ライセンス・プレート・レコグニション)システムを搭載。

駐車場が変わると、
日本が変わる。


もう何年も何十年も大きな変化のないコインパーキング設備。
そのことに不満を感じながらも使い続ける利用者や運営会社。
でも、それは裏返せば、日本の駐車場には新たな設備、
新たなサービスが生まれる余地がまだまだあるということです。

私たちはものづくりのメーカーとして、
駐車場シーンを一新する「CREVAS」という新ブランドをスタート。
「駐車場のあるべき姿=Let Parking be」を目指し、
設計思想からデザイン、品質に至るまでイノベーションを起こしていきます。

現在のコインパーキングが抱える様々な不満が解消されれば、
利用者はもっと積極的に活用するようになる。
街には活気があふれ、社会や経済全体もより元気になっていくに違いありません。

チャレンジの先に、新たな創造を。
私たちはCREVASとともに、駐車場をとりまく景色を、
より明るく、価値あるものに変えていきます。
まずは、日本から。

チャレンジの先に、
新たな創造を。